角膜移植角膜移植

 角膜移植術は、技術はもちろんですが角膜の質が大きく結果に影響してきます。日本では良質の角膜が入手困難なため、角膜移植はあまり多く施行されていません(アメリカの5%以下の件数)。
 深作眼科では、海外から条件のよい若い方の角膜をコンスタントに取り寄せることができる環境をつくり、多くの角膜移植を行っています。当院以外の施設でも輸入角膜を扱っている施設はありますが、アメリカ眼科学会で最多受賞の深作眼科では、アメリカ現地のコーディネーターを定期的に訪問し、優先的に良質の角膜の提供を受けております。

このページの先頭へ

角膜移植全層角膜移植

 角膜を上皮層、実質層、内皮細胞まで障害されている場合に行います。当院では角膜移植の長く豊富な経験から、従来のトレパンという器具を用いる方法からiFSフェムトセカンドレーザーを使用したジグザグに切開した角膜移植など行っております。ジグザグ型に切除された角膜は、お互いに凹凸面をつくりぴったりと傷口を密閉することができます。まるでパチッとはまるキャップのオスとメスのように角膜を精密にあわせることができるようになりました。

このページの先頭へ

角膜移植角膜内皮移植

 深作眼科では、現在世界において主流となっているDSEAKといわれる角膜内皮移植手術方法を行っています。この方法はDr.Priceにより2005年に開発され、深作院長は2005年のアメリカ眼科学会でのDr.Price医師の講演後に同医師のインディアナの病院でDr.Donald Tanとともに習得し、日本にて本邦初の症例を行いました。
 手術手技はかなり高度で非常に高等なテックニックを要するため、限られた医師にしかできない手法です。拒絶反応が少なく角膜のカーブも変化しないため、視力回復が早いのがメリットです。

このページの先頭へ

角膜移植深層角膜移植(DLKP)

 角膜内皮が正常な場合に行う手技です。当院で導入しているiFSフェムトセカンドレーザーにより、疾患のある部位のみを移植する角膜パーツ移植が多く行われるようになりました。病気の部分だけを移植するパーツ移植法が開発され、患者様の症状に細やかに対処し、術後のトラブルがなく、最短距離で視力を回復できる移植医療が実現しました。

このページの先頭へ