黄斑変性症黄斑変性症

 加齢黄斑変性は、米国をはじめとする欧米先進国において、成人(特に50歳以上)の中途失明の主要な原因となっています。日本においても、近年の急激な高齢者人口の増加や生活習慣の欧米化などに伴い患者数が増加しており、視覚障害者の原因疾患の第4位です。また、加齢黄斑変性は喫煙者に多いことで知られています。
 加齢黄斑変性は、カメラでいうとフィルムにあたる網膜の中心部の黄斑部に出血や水が溜まることが原因で、視力低下したり物が歪んで見えたりします。昔は治療が難しい疾患でしたが、深作眼科では技術の進歩により治療が可能です。
 診断には蛍光眼底造影検査や網膜断層像などを行う事もありますが、何より医師の経験と知識が重要です。治療は黄斑変性症のなかでも様々なタイプがあり、病気それぞれ、そして患者様それぞれでオーダーメイドの治療を行います。
 近年では抗VEGF抗体といわれる薬物による治療が発達しております。非常に出血や浮腫がひどい例では、網膜硝子体手術による治療も行っております。また、欧米ではサプリメントが盛んですが、深作眼科でも積極的に取り入れています。βーカロテンやルテインはもちろん、近年はDHAやEPAというオメガー3脂肪酸というが効果があることもわかっており、深作眼科でも治療に取り入れております。

 当院ではこれまで、加齢黄斑変性症には手術加療として硝子体手術による新生血管抜去術、黄斑移動術を多数施行してきました。またポリープ状脈絡膜血管症では破裂し硝子体出血では硝子体手術、網膜下血腫では繊維化する前に薬剤併用でガスでの血腫移動術や黄斑下血腫洗浄のため硝子体手術を早期に行っています。滲出型や網膜血管腫状増殖はやはり抗VEGF抗体が治療の中核になるのは変わりません。状況によっては現在でもステロイドやビスダインを含むcombined therapyを行わざるを得ないこともあります。もちろんAREDSに基づきサプリメントは基本的に行っています。毛細血管拡張症type1と陳旧性網膜静脈分枝閉塞症は区別が難しいことがありますが、囊胞様黄斑浮腫には、トリアムシノロンを併用し硝子体手術や内境界膜剥離により浮腫軽減で歪みと視力が向上する例が多数みられます。またこれらの黄斑疾患は時間が経過していると黄斑パッカーがはって変視症が増強してくることも多く、網膜下の状況にもよりますが、当院では積極的に膜の剥離除去を行っています。黄斑疾患は他の眼科疾患同様早期発見早期治療が特に大切と考えています。

このページの先頭へ

黄斑変性症