翼状片翼状片

 翼状片は、結膜の異常組織が角膜に侵入してくる疾患です。軽度でも角膜のゆがみ(乱視や高次収差)をもたらすことがわかっており、深作眼科では早期の治療を行っております。
 角膜に翼状片が一度発生すると、切除してもその下の角膜は変性してしまっています。だからこそ早期治療が必要なのです。一般的には再発しやすい疾患だと言われています。そのため、一般病院では「様子を見ましょう」と経過観察されてしまっている場合がほとんどです。またはひどくなってから手術しましょうと言われていることも多いです。
 深作眼科では非常に良好な手術成績のため、逆に早期に治療を行っております。われわれ深作眼科は患者様のことをよりしっかりと考えているからこそ、放置するのではなく責任を持って治療をする必要があると考えております。

このページの先頭へ

翼状片