深作眼科最近の手術症例集

近年インターネットなどの情報網の発達により全国からの自分自身で調べて手術のために受診する患者様が爆発的に増加しています。一日200~300人の患者様が来院します。我々は深作眼科を頼ってきてくださった患者様すべての方に全力で対応するのがポリシーです。ただ我々も多数いるわけではないですから、そのため毎日夜中まで手術を行っています。増殖性網膜症手術にいたっては数時間以上かかることがほとんどです。しかし、我々の信念はあきらめない、患者様を救うただその一心で、連日我々を頼っていらしてくれた患者様すべてに正しい医療を提供することに全力を注ぎます。
大学病院などから手術でトラブルになってしまった患者様の紹介を多数受けるようになりました。網膜硝子体手術を行うほどのレベルの医師にもなると立場上うまくいかなかったトラブルを他の医師に言えず抱え込んでしまうこともあると思います。医師個々のプライドもあると思いますから、当院へ紹介状を持参して受診される患者様の場合には丁寧に対応させていただくよう努力しております。手術後の患者さんの紹介の場合は皆さんにお願いしていますが術前の眼底写真やOCTなどの所見と術中記録の添付を宜しくお願い致します。 初回手術の紹介も現在かなり多く頂いておりますが、網膜剥離に関してはほぼ即日に対応させていただきます。黄斑円孔や糖尿病性網膜症など一般の網膜硝子体疾患はなるべく早く対応させていただきます。黄斑上膜に関しては数か月待ちになってしまうことをご了承ください。また当院では申し訳ありませんが飛蚊症の手術は行っておりませんので、他の医療機関への紹介をお願いいたします。
ここにごく最近の手術症例をほんの一部ですが紹介させていただきます。皆様のご参考になればと思います。 なお黄斑円孔、黄斑上膜、糖尿病性網膜症、網膜分枝静脈閉塞症などの疾患はあまりに数が多いので省略させていただきます。


上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
大学病院手術後の増殖性硝子体網膜症の網膜剥離で硝子体手術やり直して完治させました。
下方からの網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。下方は上方にくらべてよりしっかりと治療が必要です。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
大学病院手術後の網膜剥離で硝子体手術やり直して完治させました。
増殖性硝子体網膜症の網膜全剥離です。大学より難症例とのことで紹介をうけました。硝子体手術で完璧に治しました。
上方の網膜剥離でです。硝子体手術で完璧に復位させました。出血もあり外傷が関係しているようです。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
若年の網膜全剥離です。網膜下ストランドを処理し強制吸引で下液を除去し硝子体手術で完璧に治しました。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
大学から転院で来院、再手術を依頼されたため硝子体手術やり直して完治させました。
この方も大学から転院で来院、再手術を依頼されたため硝子体手術やり直して完治させました。
下方からの網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。下方は上方にくらべてよりしっかりと治療が必要です。
下方からの網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。下方は上方にくらべてよりしっかりと治療が必要です。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
変性巣が広くある上方の網膜剥離です。エンサークリングも可ですが、当院は硝子体手術のいい適応としています。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
見た目は派手な網膜全剥離ですが裂孔を処理してパーフルオロカーボン使えば硝子体手術です。
他院バックル後の網膜剥離です。完治してほしいと来院されました。硝子体手術で完璧に治しました。
大学で手術後の網膜皺の方です。大学ではくっついているのでこれ以上リスクがあるから行わないとのことで、来院。一度網膜を再剥離させアイロンがけをするように伸ばし直しくっつけました。
やはり、糖尿病の硝子体出血は手術を受けるいいきっかけになります。早期治療大切です。
他院手術後の網膜剥離で、濁りすぎてよくわかりませんがこういった場合も硝子体手術のいい適応です。
Lincoffセオリー通りの上方に裂孔がある網膜剥離で、硝子体手術のいい適応です。
増殖性糖尿病網膜症でこれ以上ひどくなる前に硝子体手術を行うのが最適です。
低眼圧合併の網膜剥離、脈絡膜剥離の患者様です。硝子体手術のいい適応です。
弁状裂孔の網膜剥離ですが、ほかにも裂孔が多象限にわたる場合は硝子体手術のいい適応です。
下方からの網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。下方は上方にくらべてよりしっかりと治療が必要です。
網膜剥離の患者様です原因裂孔がはっきりしないとのことで紹介されました。硝子体手術は手術中に全部わかります。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
海外の方で網膜剥離の治療のために来日された要人です。硝子体手術で完璧に治しました。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
下方からの網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。下方は上方にくらべてよりしっかりと治療が必要です。
黄斑円孔網膜剥離の患者さんです。硝子体手術で治しました。眼軸長が長いのでしっかりとした黄斑処理が要求されます。
糖尿病性網膜症の患者様です。硝子体手術のいい適応です。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
増殖性硝子体網膜症の全網膜剥離です。一般的には根治は厳しいですが網膜前と網膜下の増殖組織をきれいに処理できれば普通に硝子体手術で完璧に治せます。
下方からの網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。下方は上方にくらべてよりしっかりと治療が必要です。
下方の網膜剥離でです。硝子体手術で完璧に復位させました。出血もあり外傷が関係しているようです。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
増殖性硝子体網膜症の網膜全剥離です。大学より難症例とのことで紹介をうけました。硝子体手術で完璧に治しました。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
下方の萎縮円孔からの網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。下方は上方にくらべてよりしっかりと治療が必要です。
糖尿病性網膜症の硝子体出血です。硝子体手術を行ういいきっかけです。
外傷性の網膜剥離です。若年のため一生大丈夫なようにしっかりと技術のある硝子体手術が必要です。
下方の網膜剥離でです。硝子体手術で完璧に復位させました。即日に治療で患者様も満足されました。
高校生の網膜剥離です。大学でバックル後の増殖性硝子体網膜症で若年の硝子体手術のため大学より紹介されました。硝子体手術で安全で完璧に復位させました。高校野球頑張ってます。
増殖性硝子体網膜症の網膜全剥離です。大学より難症例とのことで紹介をうけました。硝子体手術で完璧に治しました。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
下方の萎縮円孔からの網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。下方は上方にくらべてよりしっかりと治療が必要です。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
陳旧性の網膜剥離です。強制吸引で網膜下液を除去して普通に完璧に硝子体手術で治しました。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
上方の網膜剥離です。普通に完璧に硝子体手術で治しました。
古い網膜剥離に続いて起こった新しい網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
180度以上の鋸状縁断裂網膜剥離です。パーフルオロカーボン使ってスリップしないように硝子体手術で完璧に治しました。
強い血管新生ですが抗VEGF抗体、硝子体手術、眼内レーザーで新生血管も消退します。
増殖性糖尿病網膜症の牽引性網膜剥離です。粘弾性物質と鑷子と剪刀を駆使して完璧に硝子体手術で治しました。
若年の網膜全剥離です。網膜下ストランドを処理し強制吸引で下液を除去し硝子体手術で完璧に治しました。
下方の萎縮円孔からの網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。下方は上方にくらべてよりしっかりと治療が必要です。
下方の萎縮円孔からの網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。網膜下ストランドがある場合は除去しないときれいに治りません。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
普通の黄斑円孔です。硝子体手術で完璧に治しました。たまには載せてみました。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
下方からの普通の網膜剥離です。網膜剥離は最難度疾患ですが当院では圧倒的な件数を施行しているので硝子体手術で完璧に治しました。
下方からの普通の鋸状縁断裂網膜剥離です。大学の手術をキャンセルして来院されました、即日の硝子体手術で完璧に治しました。
下方からの普通の網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。
若年の網膜全剥離です。網膜下ストランドを処理し強制吸引で下液を除去し硝子体手術で完璧に治しました。
網膜全剥離です。円周状の網膜下ストランドを処理したらすんなりと硝子体手術で完璧に治しました。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
古い網膜剥離に続いて起こった新しい網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治しました。
上方の裂孔からの後部硝子体剥離に伴う網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患で硝子体手術できれいに治しました。
見た目は網膜全剥離で派手ですが、穴は上方の弁状裂孔でパーフルオロカーボン使えば数十分で硝子体手術で完璧に治せます。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
硝子体出血をとると網膜分枝静脈閉塞症がありました。硝子体手術できれいに治しました。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
増殖性硝子体網膜症の網膜剥離です。網膜前の増殖組織をきれいに処理できれば普通に硝子体手術で完璧に治せます。
増殖性硝子体網膜症の網膜剥離です。網膜前の増殖組織をきれいに処理できれば普通に硝子体手術で完璧に治せます。
増殖性硝子体網膜症の網膜全剥離です。大学病院から難症例とのことで紹介をうけました。硝子体手術で完璧に治しました。
他院バックル後の網膜剥離です。完治してほしいと来院されました。硝子体手術で完璧に治しました。
他院バックル後の網膜剥離です。完治してほしいと来院されました。硝子体手術で完璧に治しました。
増殖性硝子体網膜症の網膜全剥離です。大学より難症例とのことで紹介をうけました。硝子体手術で完璧に治しました。
他院手術後のシリコンオイル下のアトピーの網膜剥離です。硝子体手術でやり直し完璧に治しました。
他院レーザー後の網膜剥離です。レーザーをうったら見えなくなったとのことで来院されました。硝子体手術で完璧に治しました。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
外傷性の網膜剥離、裂孔は大きいですがが硝子体手術であればまったく問題ありません。網膜スリップには要注意です。
他院術後の網膜剥離です、硝子体手術でやり直し完璧に治しました。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。黄斑上膜は数が膨大すぎて載せられません。
外傷性の網膜剥離、裂孔はたくさんありますが硝子体手術であればまったく問題ありません。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
下方の陳旧性の網膜剥離、網膜下索状物除去必要ですが硝子体手術で完治させました。
陳旧性の網膜剥離に合併した新しい網膜剥離、網膜下索状物除去必要ですが硝子体手術で完治させました。
黄斑上膜で皺襞形成し変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
増殖性糖尿病網膜症の牽引性網膜剥離です。硝子体手術で完治させました。
増殖性糖尿病網膜症の牽引性網膜剥離です。硝子体手術で完治させました。
軽度の黄斑上膜でも変視症がありましたので硝子体手術で完治させました。
黄斑が未剥離の網膜剥離です。硝子体手術で黄斑がはがれる前に即日で完治させました。
格闘家の鋸状縁断裂です。他院冷凍凝固後で完治させました。もちろん試合復帰してます。
周辺部の網膜剥離です。復位を希望して来院されました硝子体手術で完治させました。
耳側の網膜剥離です。硝子体手術で復位させました。
黄斑パッカーの黄斑円孔です。原因がはっきりしていますので硝子体手術で15分で完治します。
20歳の外傷性の網膜剥離です。硝子体手術で水晶体温存で完治します。
黄斑未剥離の網膜剥離です。すぐに硝子体手術で黄斑がはがれる前に復位させます。
他院シリコンオイル後の網膜剥離です。硝子体手術でやり直し復位させました。
他院手術後の再発網膜剥離です。硝子体手術でやり直し復位させました。
後部硝子体剥離に伴う普通の網膜剥離です。硝子体手術で完璧に治ります。
朝顔症候群に伴う網膜剥離です。硝子体手術で普通に復位を得ました。
原因裂孔不明で紹介を受けた網膜剥離です。硝子体手術で手術中に穴をすべて確認し復位させます。
他院手術後のシリコンオイルの増殖性硝子体網膜症です。硝子体手術でやり直し完璧に治しました。
他院バックリング後の網膜剥離の再発です。硝子体手術で完璧に治しました。
他院手術後の増殖性硝子体網膜症です。硝子体手術でやり直し完璧に治しました。
他院手術後の増殖性硝子体網膜症です。硝子体手術でやり直し完璧に治しました。
他院手術後のシリコンオイルの増殖性硝子体網膜症です。硝子体手術でやり直し完璧に治しました。
下方の網膜剥離です。少し時間が経過していたようですが硝子体手術で完璧に治しました。
黄斑上膜を大学で放置していた患者様です。早い段階で硝子体手術がよいです。
黄斑上膜を大学で放置していた患者様です。早い段階で硝子体手術がよいです。
網膜血管炎から黄斑上膜で黄斑円孔を発生したようです。即日に硝子体手術で治しました。
他院シリコンオイル後ですが視神経の下に大きい裂孔があり下方が剥離していました。硝子体手術でやり直し完璧に復位しました。
萎縮円孔から発生の網膜剥離です。後部硝子体剥離に伴い進行しましたので硝子体手術で完璧に復位しました。
普通の増殖性糖尿病網膜の患者様です。牽引性網膜剥離も一部ありましたので硝子体手術で完璧に復位しました。
増殖性糖尿病網膜症の患者様です。もちろん後部硝子体剥離はありませんからビスコデラミネーションで硝子体手術で完璧に復位しました。
弁状裂孔から網膜全剥離の患者様です。パーフルオロカーボンを使えば数十分で硝子体手術で完璧に復位します。
硝子体出血併発の弁状裂孔から網膜剥離の患者様です。数十分で硝子体手術で完璧に復位します。
萎縮巣に発生した弁状裂孔からの網膜剥離の患者様です。硝子体手術で完璧に復位しました。
上方の古い剥離から伸展した網膜剥離の患者様です。硝子体手術で完璧に復位しました。
下方の萎縮円孔の古い剥離から伸展した網膜剥離の患者様です。硝子体手術で完璧に復位しました。
他院バックリング後の下方の網膜剥離の患者様です。硝子体手術で復位しました。
上方の弁状裂孔の網膜剥離の患者様です。硝子体手術の基本手術、三十分程の硝子体手術で完璧に復位しました。
サイズの大きい黄斑円孔の患者様です。フラップ反転法の硝子体手術で完璧に閉鎖しました。
増殖性糖尿病網膜症の患者様です。牽引性網膜剥離を合併してましたがきれいに硝子体手術で復位しました。
増殖性硝子体網膜症の患者様です。網膜全剥離ですが完璧に硝子体手術で復位しました。
外上の弁状裂孔の患者様です。黄斑が未剥離であったので即日に硝子体手術で復位しました。
他院バックリング後の網膜剥離です。硝子体手術できれいに復位しました。
時間が経過した陳旧性の網膜剥離です。粘張な下液ですが硝子体手術できれいに復位しました。
他院シリコンオイル後の出血です。増殖膜から出血していました。きれいに硝子体手術で復位しました。
上方の裂孔からの網膜剥離です。やはり硝子体手術のいい適応です。
上方の弁状裂孔からの網膜剥離です。やはり硝子体手術のいい適応です。
バックル後眼球運動障害です。バックルはずし硝子体手術行い一部増殖組織も処理しました。バックルがうまいのはT先生など一部の名手のみだと思います。
網膜格子状変性の淵の弁状裂孔からの網膜剥離です。黄斑未剥離症例は即日手術です。
網膜変性巣の弁状裂孔からの網膜剥離です。黄斑剥離症例も即日手術です。
他院レーザー後の弁状裂孔からの網膜剥離です。レーザーは熱によって硝子体が収縮しかえって網膜剥離が起こることがあります。
バックル上の裂孔が後部硝子体剥離に伴い開口してしまっているので硝子体手術を行いくっつけました。
萎縮円孔からの胞状網膜剥離は陳旧性の網膜剥離の上から起こることが多いので網膜下液を抜くときしっかりと抜かないと粘度の高い下液が残ります。
普通の弁状裂孔からの網膜剥離です。数十分の手術で治ります。昔に比べ時代は進歩したと実感します。
上方の弁状裂孔からの網膜剥離は硝子体手術のいい適応です。完璧に治せます。
陳旧性の網膜剥離です。網膜下液がかなり粘張なので能動吸引をかけての復位が必要になります。
下方の網膜剥離です。下方は上方にくらべてしっかりとした体位制限を行えばきれいに治ります。
大学病院で黄斑誤切除後の網膜剥離の患者様です。患者様が訴訟を考えていたので、前に進むことの大切さを説得して当院できれいに治しました。
黄斑円孔網膜剥離の患者様です。硝子体手術で円孔を閉鎖しきれいに治しました。
180度以上の鋸状縁断裂の患者様です。上級者であれば硝子体手術で二十分程度できれいに治せます。
網膜下ストランドが強く発生したした網膜剥離です。ストランドを除去したらすんなりと硝子体手術で復位しました。
上耳側は新しい網膜剥離、上鼻側は古い網膜剥離の患者さんです。硝子体手術できれいに復位しました。
網膜全剥離に低眼圧で脈絡膜剥離も合併している患者さんです。強膜タップと硝子体手術できれいに復位しました。
少し時間の経過した網膜全剥離の患者さまです。周辺部の網膜下ストランドを処理すると硝子体手術で完璧に復位しました。
後部硝子体剥離に併発した上方の裂孔からの網膜剥離です。黄班も剥離していましたので即日手術を行いました。
網膜下ストランドが多く発生した網膜剥離です。黄斑パッカ―もあり剥離していましたが硝子体手術できれいに復位しました。
他院での網膜レーザー後の網膜剥離の患者さんです。強いレーザーによってひきつれた穴からの剥離でしたが硝子体手術で完治しました。
黄斑円孔の患者さんです。通常通り硝子体手術で完治しました。
周辺部の網膜剥離の患者さまです。外来で原因裂孔が分かりづらかったですが、手術中にはっきりします。通常通り硝子体手術で完治しました。
黄斑変性症に合併した網膜剥離の患者さんです。硝子体手術で完治しました。
網膜全剥離の患者様です。このような症例は硝子体手術で四十分で完璧に治療することができます。
普通の黄斑円孔の患者さんです。硝子体手術で完治しました。うつ伏せは少し必要ですが手術は十分で終わりました。
普通の網膜全剥離の患者さんです。硝子体手術で確実に三十分の手術で復位しました。
上方の裂孔からの裂孔原性網膜剥離の患者様です。このような症例は硝子体手術で三十分で完璧に治療することができます。
とてもシンプルな網膜剥離の患者さんです。硝子体手術で確実に二十分の手術で完治しました。当院では将来の多焦点レンズに備え水晶体温存します。
網膜全剥離の患者様です。後部硝子体剥離がすでに起きていたため二十分程度の硝子体手術で完璧に復位をすることができました。
下方の裂孔原性網膜剥離の患者さんです。硝子体手術でとてもきれいに復位しました。
大学病院でバックリング後の再剥離の患者様です。バックルを除去し硝子体手術で復位を得ることができました。
下方の網膜格子状変性症からの裂孔原性網膜剥離です。硝子体手術により確実に素早く復位を得ることができます。
大学病院での手術後の黄斑パッカ―の患者さまです。かなり牽引が強いですが手術できれいになりました。
黄斑下出血の患者様です。黄班下手術を行いパーフルオロカーボンで圧出し良好な結果を得ました。
黄斑上膜のため硝子体手術を施行いたしました。視力も向上し患者様も大満足です。
黄斑剥離がある裂孔原性網膜剥離です。即日手術を行い完治させませた。患者様も喜んでおります。
黄斑上膜による偽黄斑円孔の為変視症が強く硝子体手術を施行しました。歪みがよくなり患者さんも喜んでおります。
黄斑上膜による変視症のため硝子体手術施行いたしました。硝子体手術の基礎手技です。
黄斑円孔の患者さんです。硝子体手術により良好な結果を得ることが出来ました。
他院での術後の増殖性硝子体網膜症の患者さんです。硝子体手術と膜処理を丁寧に行うことにより良好な復位を得ることが出来ました。
陳旧性の網膜剥離ですが患者さんの希望もあり網膜復位術を施行いたしました。
黄斑上膜あり変視症強いため硝子体手術施行いたしました。患者さんも結果がよく喜んでおります。
網膜剥離の患者さんです。網膜下ストランドきれいに処理をして良好な復位を得ました。
網膜剥離ですがアーケード内にひろく増殖膜があり除去するときれいに復位を得ることが出来ました。
網膜剥離の患者さんです。硝子体手術により良好な復位を得ることが出来ました。
陳旧性の黄斑円孔の為inverted flap methodで閉鎖を行いました。経過良好です。
黄斑上膜による変視症があり手術を施行いたしました。歪みもなくなり患者さんも喜んでおります。
黄斑上膜の為に変視症があり硝子体手術を施行いたしました。歪みもなくなり患者さんも喜んでおります。
裂孔原性網膜剥離のため即日硝子体手術を行い網膜復位を得ました。
裂孔原性網膜剥離のため即日に硝子体手術を施行し復位を得ました。
網膜全剥離の患者さんです。硝子体手術を行い完治を得ることが出来ました。
黄斑上膜のため変視症があり硝子体手術を行いました。患者さんも大変喜んでいます。
裂孔原性網膜剥離のため即日に硝子体手術を施行し完治を得ました。
陳旧性の網膜剥離が後部硝子体剥離の進展に伴い進行したようです。手術により復位を得ました。
他院でレーザー後の裂孔原性網膜剥離です。硝子体手術により復位を得ました。
黄斑上膜のため変視症がありました。硝子体手術を行い歪みをとりました。
裂孔原性網膜剥離のため即日に硝子体手術を行い完治を得ました。
裂孔原性網膜剥離のため即日に硝子体手術を行い完治を得ました。
大学病院から紹介状を持っていらっしゃいました。網膜剥離の手術をしたが黄斑に皺が出来てしまったとのことです。intentional holeから再剥離させパーフルオロカーボンでのばしました。患者さんも大変喜んでおります。
裂孔原性網膜剥離のために即日に硝子体手術を行い復位を得ました。患者さんも喜んでおります。
他院術後の網膜剥離の患者さんです。硝子体手術を行い完治を得ました。
他院術後の黄斑パッカーの患者さんです。網膜下にカーボンありますが手術でいい状態にすることが出来ました。
片方が失明している増殖性糖尿病網膜症の患者さんで大学では無理と経過観察され当院に受診されました。牽引性網膜剥離に裂孔も併発して急速に進んでいたので手術をおこない復位を得ることが出来ました。
他院バックリング後の下方の網膜再剥離です。PVDがあったため硝子体手術で復位を得ました。
強度近視の黄斑分離症の方です。変視症強く手術希望も強かったので硝子体手術により治療いたしました。患者さんも喜んでおります。
重症の増殖性糖尿病性網膜症の患者さんです。硝子体手術を行い完治を得ました。
黄斑上膜の為に変視症があり硝子体手術を施行いたしました。歪みもなくなり患者さんも喜んでおります。
10歳代の増殖性硝子体網膜症の患者さんです。白内障を併発しており白内障手術を行い硝子体手術行いシリコンオイルを使用して復位を得ました。
幼児の増殖性硝子体網膜症の患者さんです。大学病院でバックリングの手術後網膜全剥離にて来院されました。硝子体手術をおこない若年のためシリコンオイルによるタンポナーデを行い復位を得ました。
大学病院でバックリング後の網膜剥離の患者さんです。バックリング除去し網膜下ストランド処理をし硝子体手術で網膜復位を得ました。
東京の大学病院でバックリングを受けましたが二週間後にPVRになり執刀医に見放されたとのことで受診された患者様です。バックリングを除去し硝子体手術を行い幸い復位を得ました。バックルの番号と縫合位置だけでもわかれば小切開で手術が済みます。初診時患者がかなり怒っておりトラブルにならないよう誠意ある対応をしています。
東海地方の病院にてバックル手術にて復位せず当院受診となった患者様です。増殖膜変化も起こっていたため増殖性硝子体網膜症手術にてきれいに網膜復位を得ることができました。
アトピーの30歳代の180度鋸状縁断裂からの増殖性硝子体網膜症です。初診時すでに眼圧がほぼ0で脈絡膜剥離も強かったですが硝子体手術でシリコンオイルを使用し復位を得ました。
網膜全剥離でPVR変化もおこしてきていました。硝子体手術を行い復位を得ました。
他院で5回の硝子体手術を行って調子が悪いとのことで来院されました。網膜剥離と共に黄斑パッカーが強く形成されていましたので硝子体手術を再度行い復位を得ました。
東海地方の病院からの紹介の増殖性硝子体網膜症の患者様です。硝子体手術でしっかりと硝子体を処理し膜処理も行いきれいに完治を得ました。
30歳代の網膜剥離で増殖性硝子体網膜症をきたしていました。総合病院からの紹介で即日、硝子体手術を行い復位を得ました。患者様も大変満足されています。
一か月前に眼外傷があり東京の大学病院を受診していたがもう治らないとのことで他の数か所の大学病院を受診され経過観察で来院されました。年齢がまだ10歳代の患者様で上方二象限に網膜剥離があり若年のためか増殖変化も起こっていました。増殖性硝子体網膜症手術行い網膜復位を得て黄斑形態も改善し視力もかなり向上しました。
耳側にうっすら隆起が見えますが大学病院にてエクソプラントを受け再剥離にて受診されました。PVR変化をきたしてきているため手術加療にて早急に対応しました。患者様も喜びトラブルにならずよかったです。網膜剥離は初期治療が重要です。
関東の大学病院で硝子体手術をうけたあと、網膜剥離の手術希望で受診されました。網膜が全剥離の状態でしたのでパーフルオロカーボンを使い完治を得ました。原因は残存硝子体による牽引性の網膜裂孔でした。
裂孔原性網膜剥離の患者様です。県内の病院より紹介を受けました。即日に硝子体手術を行い、網膜復位を得ました。硝子体手術の基本的疾患です。視力も回復し患者様も満足されました。
30歳代の患者様です。九州地方の大学病院で手術を受けましたが1年以上経過し何も治療がなく見えないとのことで受診されました。パッカーを剥離し残存増殖膜を切除し眼内のシリコンオイルと残存PFCを除去し無水晶体眼であったためIOLを縫着しました。患者も視力が回復して大満足でした。
若い糖尿病網膜症の患者様です。アバスチンを使うと血流障害が強そうなので投与せずに硝子体手術を行いました。出血はしますが術後網膜はきれいになりました。
大学病院で網膜剥離の手術を受けトラブルになり複数の受診後に当院受診。オリジナルの裂孔は耳上側にありましたが黄斑に医原性裂孔と思われるものが2つありました。この時点で視力は出ませんが手術により網膜復位は得ました。
他院で屈折矯正手術を受けた後の鋸状縁断裂の患者様です。180度以上断裂があり網膜がスリップしたためパーフルオロカーボンで復位させシリコンオイルに直接置換し網膜復位を得ました。
単純な裂孔原性網膜剥離のため即日手術で完治を得ました。
小児の萎縮円孔からの増殖性硝子体網膜症の患者様です。手術により網膜復位を得ました。
若い糖尿病網膜症の患者様です。増殖性硝子体網膜症手術で黄斑形態が良好なので丁寧に増殖膜を処理することにより非常にいい結果が出ました。
大学病院で硝子体手術後の黄斑円孔網膜剥離の患者さんです。強度近視で後部ぶどう腫が強くシリコンオイルを使用して網膜復位を得ました。
増殖性糖尿病網膜症の患者さんです。大学で回復は不可能と言われ絶望して来院されました。丁寧に膜処理しシリコンオイルを用いて硝子体手術で良好な成績が出ました。
網膜下ストランドを伴った網膜剥離です。硝子体手術を行い網膜復位を得ました。
九州地方の10歳代の網膜剥離の患者さんです。増殖膜形成し黄斑まで剥離していましたが手術により網膜復位を得ることができ患者様も喜んでいました。
網膜下血腫の患者様です。黄斑には達していませんでしたが視野がよくないと患者の希望により手術しました。血腫をできるだけ除去しガスで圧排しました。患者様も喜んでいました。
増殖性硝子体網膜症を併発した裂孔原性網膜剥離の患者様です。網膜下の増殖組織を抜去し網膜復位を得ました。
他院で手術したが復位しなかった、強度近視性の黄斑円孔網膜剥離の患者様です。黄斑の膜処理を再度行い網膜復位と円孔閉鎖を得ることができました。
デマルケーションラインがあり古い網膜剥離が復位した跡があり、そこに新しい網膜剥離を合併した20歳代の患者様です。増殖性硝子体網膜症を併発しており、硝子体手術にて網膜復位を得ました。
下方のbullousな網膜剥離です。セオリー通り上方の網膜裂孔からで硝子体手術によって復位を得ました。
裂孔原性網膜剥離の患者さんです。50歳代でしたので水晶体温存で硝子体手術により復位を得ました。
下方に陳旧性の網膜剥離とともに上方から新しい網膜剥離を認めました。硝子体茎離断術を施行し復位を得ました。
時間が経過した網膜剥離です。網膜下ストランドを処理し硝子体茎離断術を施行し復位を得ました。経過良好です。
大学病院でバックリング手術後、執刀医より紹介を受けました。循環障害と共に眼球運動障害あり下方はPVR変化が出現していましたのでバックルを除去し硝子体手術を行いました。トラブルにならず良かったです。
大学病院で硝子体手術を二回受けたが視力が出ないとのことで受診された患者様です。網膜はくっついていると言われているとのことでしたが、初診時黄斑円孔網膜剥離のままシリコンオイルが充填されていました。強度近視の為、難しい疾患であることを説明し前医に非がないことを説得し再手術を行い復位を得ました。
10才代の患者様で近畿地方の大学病院にてバックリングによる手術をうけたが増殖性硝子体網膜症にて復位を得られず受診となりました。硝子体手術行い完全な復位を得て患者様も大変満足されました。
20代の患者の網膜全剥離です。関東東部の数か所の大学病院に受診するも時間が経過しているため手術しないといわれ当院受診されました。増殖膜が網膜下にも張っていましたが処理を行うと、大変きれいに網膜が復位しました。
関西地方の総合病院より紹介を受けました。30代の増殖性糖尿病網膜症でした。増殖性硝子体網膜症手術を行いました。抗VEGF抗体を併用することにより出血を抑え膜処理を行えます。糖尿病は早期手術が重要です。
黄斑円孔網膜剥離の患者様です。基本術式通り内境界膜剥離しSF6ガスタンポナーデにて円孔閉鎖と共に復位を得ました。
20歳代の外傷性の網膜剥離の患者様です。他県の病院より紹介を受けました。深部裂孔のため硝子体手術にて網膜の復位を得ました。患者様も大変に満足されました。
20歳代の患者です。地方の大学病院で増殖性硝子体網膜症の手術後のようですが無水晶体眼で歪みがかなりすごく手術をしてほしいと大学病院から紹介受診されました。眼内レンズ縫着術とともに硝子体手術、黄斑下手術を行い黄斑形態を回復させました。患者も喜び、術後は遠方なため大学病院と連携をとりました。
関東の大学病院でレーザーの後に網膜剥離になった患者様です。患者自身が不審に思い深作眼科を受診されました。大学病院のレーザーとは無関係なことを説得し硝子体手術を行い完治させました。患者に笑顔が戻りトラブルにならず良かったです。
九州地方の患者さんです。若年のアトピーの患者で鋸状縁が180度以上断裂して網膜は反転していました。スリップを防ぐためPFCとシリコンオイルを用いて復位を得ました。経過は良好です。
山陰地方より治療のため受診されました。白内障も強く全周虹彩癒着があり眼底は全剥離のため増殖膜変化が出ていました。水晶体再建術+増殖性硝子体網膜症手術行い網膜復位を得ました。
関東圏上部の地域より受診された患者様です。大学病院に通院しており、もう片眼は糖尿病網膜症により硝子体手術を受けたようですが眼球ろうでした。片眼のため前医では手術はできないといわれ当院受診されました。糖尿病網膜症のため増殖性硝子体網膜症手術行いました。現在黄斑形態もよく経過は良好です。
弁状裂孔からの網膜剥離です。硝子体手術の基本疾患であり、硝子体茎離断術で非常に短時間の基本手術で良好な成績を得ることができました。
単純な上方からの裂孔原性網膜剥離です。黄斑剥離がマイナスでしたので即日手術を施行しました。硝子体手術により良好に復位しました。
ややドライな印象の増殖性糖尿病網膜症です。ビスコデラミネーションを併用すれば出血も最小限に抑えて手術を施行することができました。
大学病院でバックリング後に網膜全剥離になられたとのことで受診されました。硝子体手術を行い網膜復位を得ました。
増殖性糖尿病網膜症の患者様です。基本通り手術しいい成績を得ています。地道にデラミネーション、セグメンテーションを行い、エピセンタをしっかり処理することが大切です。
関東の大学病院で硝子体手術後数日の患者様ですがすでに下方から再剥離してきており、患者さん自身が不信感を覚え自ら退院し直接受診されました。トラブルにならないよう難しい眼だということを説明し即日手術を行い完治を得ました。
上方の弁状裂孔よりの網膜剥離の患者様です。県内の医院より紹介を受けました。 即日に硝子体手術を行い完治しました。このような症例は硝子体手術の基本手技であり、いい適応です。
県外の開業医より紹介を受けた単純な上方の弁状裂孔からの網膜剥離です。深作眼科では硝子体手術を行い非常に短い時間で完治を行いました。視力もむしろ向上し患者様も大満足です。
関西地方からの受診の患者さんでバックル手術ののち硝子体手術の二度の手術の後、再手術が必要な旨をいわれ当院を受診されました。写真は当院初診時(前医術後2週間)のものです。PVR変化が強くガスが抜けてきた網膜はフラットに剥離していました。患者の手術希望が強かったため増殖性硝子体網膜症手術施行しました。現在網膜は復位し経過良好です。
大学病院にてバックリング手術後再剥離してきたとのことで当院受診されました。バックルを除去後、硝子体手術を行い網膜復位を得ました。治療に患者さんも満足していました。
視力低下のため受診。かなり広範囲な剥離のためPFCを用いました。硝子体カッターの進歩もあり良好な網膜復位を得ました。
後部硝子体剥離のある上方弁状裂孔からの裂孔原性網膜剥離です。硝子体手術のいい適応です。このようなものはかなり成績がいいです。
大学病院でバックリング手術を受けた20歳代の患者さんが眼外傷により網膜外傷にて受診されました。硝子体手術により復位を得ました。
60歳代の患者様ですPVD+の上方網膜剥離はBIOMを用いるとかなりスムーズにかつスピーディーに治すことができます。この患者も良好な復位を得ることができました。
上方の弁状裂孔による網膜剥離です。macular on でしたので即日手術を行い復位を得ました。
上方弁状裂孔からの網膜剥離の患者様です。PVD+なのでスムーズに網膜復位を得ました。やはり上方のtearはタンポナーデ効果がいいです。
大学病院にて硝子体手術をしてシリコンオイルを使用したが復位しないという事で深作眼科に紹介来院されました。シリコン抜去し周辺部再処理し後部硝子体膜もかなり残ってていたため丁寧に処理を行いガスにて復位を得ました。
シンプルな網膜剥離です。ワイドビューイングシステムではすべてを見ながら手術をできるので非常に短時間の基本手術で完治できました。
他院バックリング後の陳旧性の網膜剥離の患者様です。大学病院でバックリングで復位せず放置していたとのことで患者の希望もあり、バックリングを除去し硝子体手術で復位を得ました。
軽度の増殖性糖尿病網膜症の患者様です。粘弾性物質でビスコデラミネーションを行いスモールゲージカッターで非常にスムーズに手術が行えました。
若い黄斑剥離がある網膜剥離の患者様です。アトピーの為に鋸状縁に断裂があり網膜復位術を行い復位を得ました。
ほぼ網膜全剥離の患者様です。上方の小さい裂孔からの剥離でした。パーフルオロカーボンを使用すれば非常に短時間の手術で復位を得ることができます。
他医バックル後に網膜剥離を再発したとのことで受診。バックルを除去し硝子体手術で復位を得ました。
東海地方の病院でバックル後、網膜復位でずっと放置され増殖性硝子体網膜症を併発したとのことで受診した30歳代のアトピー患者です。バックルを除去し網膜下ストランド除去し硝子体手術で完治を得ました。
東京の大学病院に受診。問題ないといわれるも症状悪化するため当院受診。上方と下方にtractional tear 認め剥離が大きいため硝子体手術施行しました。BIOMを用いてしっかり観察し硝子体線維を処理すると網膜復位率はとてもいいです。
10歳代の網膜剥離です。萎縮円孔からですが、時間が経過しており網膜が固く全剥離の状態でした。関東の大学病院にて手術は無理といわれ来院されました。幸いなことに当院の手術にて網膜の復位を得ることができました。
網膜剥離にて神奈川県内の市立病院より紹介を受けました。黄斑剥離でしたが即日に硝子体茎離断術による網膜復位術を行いました。
大学病院で手術後の網膜剥離の患者さんです。硝子体手術を行い網膜の復位を得ました。迅速な治療が重要です。
20歳代の成熟白内障を伴った増殖性硝子体網膜症を総合病院から紹介を受けました。白内障手術を行い、網膜全剥離の状態であったので硝子体手術を行いシリコンオイルを用いて網膜復位を得ました。
20歳代の増殖性硝子体網膜症の患者さんです。白内障も強かったので眼底はわかりませんでしたが開けてみたらclosed funnelでnapkin ringもあり時間が経過しているようでした。シリコンオイルを使用しましたが白内障、硝子体手術により復位を得ることができました。
東京の大学病院より紹介状を持って受診されました。ベースにアトピーがあり裂孔は大きいですがシンプルな網膜剥離のため硝子体手術にてきれいに復位しました。
東北地方の大学病院から手術のため紹介受診されました。外傷歴ある20歳代の網膜剥離でstrandも出ていましたが手術により復位を得ることができました。まだ術直後ですが今後紹介元の大学病院に返送予定です。
大学病院でアバスチンの治療を受けたがよくならないとのことで受診されました。当院では視神経にpitを認めそれにつながるretinoschisisと黄斑剥離を認めたため硝子体手術にてPVD作成後ILMを剥離しました。視力も回復し黄斑形態も戻りました。
他院でレーザーを施行した後見えなくなったとのことで来院されました。上方の裂孔から下方に垂れるように網膜剥離が起こってきていました。進行が早いようで即日手術を行いました。
強度近視の黄斑円孔網膜剥離の患者様です。関東の大学病院で手術をされたあと理由は分からないが再手術と言われ不審に思い当院での治療希望で受診されました。黄斑上膜と内境界膜が強度近視で難しかったためか未処理であったので手術で治しました。
上方の弁状裂孔からの網膜剥離です。硝子体手術の基本的手技の疾患であり成績はとても良好です。
弁状裂孔からの網膜剥離です。基本的な疾患であり、硝子体手術にてスムーズに完治します。
関東地方の病院でバックル後、冷凍凝固の位置から裂孔が再開通し再剥離とのことで受診。バックルを除去し硝子体手術で完治を得ました。
30歳代の患者ですが関東の大学病院にて硝子体手術を二回行いシリコンオイルをいれたが復位しないとのことで当院受診。当院にて硝子体手術を行い牽引を解除し網膜の完全復位を得ることができた。トラブルにならずよかったと思います。
強度近視のmacular hole RD のようですが大学病院にて二度の硝子体手術とシリコンオイル置換を受けていますが復位せず受診されました。硝子体手術を行いガス置換で円孔閉鎖とともに網膜復位を得ました。
下方の視野欠損にて受診された患者様です。網膜格子状変性症内の萎縮円孔からの剥離のようでした。後部硝子体剥離が起きていたため硝子体手術により網膜復位を得ました。
変視症のため来院されました。白内障とともに黄斑上膜により偽黄斑円孔を形成していたため水晶体再建術+硝子体茎離断術(網膜付着組織を含むもの)を行いました。黄斑上膜の手術は患者の負担も少なく満足度も非常に高いです。
周辺部に牽引性網膜剥離があるPDRの症例です。抗VEGF抗体併用による手術により十年前に比べ術中の出血が少なく手術ができるようになりました。
関東の某大学病院で網膜剥離手術後に視力が上がらないが問題ないといわれていたため当院を受診。網膜下にPFCが多数存在。残存PFCを取るのは難しくないが時間が経過しているようで視力回復は0.2にとどまった。
糖尿病網膜症の硝子体出血の患者様です。白内障も併発していたのでトリプルオペを行いました。
変視症が強い網膜上膜の症例です。術前のIS-OSlineの形態がよく早期手術で良好な成績が出ました。
増殖性糖尿病網膜症の患者様です。丁寧に膜処理し硝子体手術で良好な成績が出ました。
偽黄斑円孔の患者様です。大学病院で経過観察されていました。変視症が強かったですがとてもきれいに治りました。硝子体手術の基本手技です。
変視症のため受診されました。黄斑皺襞と黄斑上膜を認め上方にtractional tear 認めsecondaryなものでした。Membrane peeling 行いtearは術中レーザーにて処理しました。
大学にて5度の手術を受けたが網膜が復位しないといわれて当院を受診されました。シリコンオイルを抜去し残余硝子体と牽引を処理しガスにて復位を得ました。術後は経過良好です。
30歳の網膜剥離の患者さんです。網膜復位術の手術を行うことにより迅速に完治することができました。
黄斑上膜の患者様です。内境界膜まで剥離しました。硝子体手術の基本手技ですが、迅速にかつ障害を少なく施行する経験が大切です。
偽黄斑円孔の患者様です。変視症が強かったため、硝子体手術を行い内境界膜を剥離しました。硝子体手術の基本手技です。
黄斑上膜による偽黄斑円孔の患者さんです。変視症があれば硝子体手術のいい適応です。
大学病院でバックルの後、黄斑部の増殖組織と黄斑パッカーが進行した20歳代の患者様です。バックルを除去し硝子体手術を行い黄斑形態を復元しました。
デマルケーションラインを形成した萎縮円孔からの網膜剥離です。患者様の希望もあり網膜の復位を行いました。
片方は失明している患者の網膜剥離で東北地方の大学病院で手術は危険だからできないと受診されました。外下方の古い網膜剥離と共に上方から黄斑に向かって新しい網膜剥離が進行してきておりました。硝子体手術で網膜の復位を得ました。患者様も最後の眼で大変喜んでおりました。
東北地方の患者様です。大学病院で経過観察をしていました。もう片方が失明をしている為リスクが高いため大学では手術はしないと当院を受診されました。下方の陳旧性の網膜剥離のうえに黄斑に迫ってくるフレッシュな剥離があったため復位させました。
眼軸長が33ミリの黄斑円孔網膜剥離です。視認性が不良のため膜処理が難しいですが現在は様々な染色剤を用いて安全に施行できます。
視野異常で受診の患者様です。軽度の網膜剥離を認めたため硝子体手術ですぐに完治を得ました。
中国地方の大学病院にてシリコンオイルはもう抜けないとのことで手術希望にて来院されました。周辺部に増殖変化があったため処理を行い復位を得ました。経過良好です。
視力が少しでも上昇しないかと他院より紹介受診されました。Macular puckerあり硝子体茎離断術行いました。視機能が少しですが改善し患者も大変満足されました。
大学病院での手術後再剥離の患者さんです。硝子体手術を行い復位を得ました。経過は良好です。
関東の大学病院での手術後再剥離の患者さんです。もう片眼は失明しており、患者さんが頼って受診されました。硝子体手術を行い復位を得ました。患者さんも喜んでいます。
基礎的な裂孔原性網膜剥離です。硝子体茎離断術をおこない復位を得ました。この段階であれば非常にきれいに治ります。
黄斑上膜の患者さんです。ILMまで剥離を行い変視症も改善しました。網膜にダメージなく光障害も考え迅速な剥離が重要です。
耳側の裂孔のペリフェーラルが開口しており写真ではとっておりませんが下方に下液が溜まり視野障害で受診されました。PVD+なので硝子体茎離断術にて網膜復位を得ました。
東北の患者さんで右眼は総合病院にて剥離の手術後失明してしまっているかたで左眼にも剥離があるとのことで来院されました。30歳代のかたですが写真には写りませんが鋸状縁の断裂がありました。網膜復位術により復位を得ました。
通常の黄斑円孔です。内境界膜を黄斑に牽引がかからないように剥離し閉鎖を得ました。黄斑円孔は硝子体手術の基本手技でありながら医師による技術格差も大きいと思います。
大学病院でバックリングによる手術後に網膜全剥離にて受診されました。周辺部にPVR変化が出ていましたが、バックルを除去し眼球形態を正常化させたうえで硝子体手術により復位を得ました。患者様も大満足でした。初回手術が重要です。
強度近視の黄斑円孔です。網膜分離も合併しているので、丹念に残余硝子体を除去しILMを黄斑に牽引がかからないように剥離し閉鎖を得ました。
黄斑上膜の患者様です。これだけ厚い膜だと当院の技術ではかなり容易にアプローチできます。IS-OSラインも保たれており術後経過も非常に良好でした。
10歳代で大学にてシリコンオイルが入り無水晶体眼で多焦点レンズが入らないかとのことで受診されました。シリコン抜去と硝子体をさらに切除し、眼内レンズを二次挿入しました。
強度近視性の黄斑円孔網膜剥離です。関東の大学病院に通院していましたが治療は不可とのことで経過観察されていました。治療希望のため自ら受診されました。硝子体手術により円孔閉鎖、復位を得ることができました。
数日前に関東圏の大学病院にて手術は必要なく光凝固で治るといわれ治療を受けたあと受診された患者様です。レーザーの部位が小裂孔になってしまっています。後部硝子体剥離ありましたので硝子体手術にて復位を得ました。
裂孔不明の網膜剥離とのことで都内の大学病院の眼科レジデントより紹介を受けました。硝子体手術により復位を得ました。周辺部に弁状裂孔を認めました。
demarcation line 認める陳旧性の網膜剥離ですが患者様の治療希望があったため手術を行いました。網膜の復位を得ることができ患者様も満足されました。
若年性のブドウ膜炎による膨隆虹彩と白内障で硝子体は非常に強い混濁でした。白内障と硝子体同時手術行いました。0.02から1.0まで向上しました。
1/4DDの黄斑円孔の患者さんです。Complete PVDありstageⅣでした。硝子体茎離断術行いILM剥離し閉鎖を得ることができました。
1/8DDのstageⅣの黄斑円孔です。硝子体茎離断術、ILM peelingで閉鎖を得ました。硝子体手術基本手技ですが慎重に行っています。
黄斑上膜の程度の割には変視症が強かったため手術を行った。上方に大きい裂孔があり二次的な黄斑上膜であった。多焦点レンズがインプラントされていたが手術には特に問題なかった。
他院でのレーザーにて剥離がとまっていますが全周にわたり網膜剥離がありました。硝子体手術にて網膜の復位を得ました。
変視症のため当院受診されました。硝子体茎離断術行い、黄斑上膜剥離しました。IS-OS lineよく視機能も良好になりました。
数か月前に大学病院にて白内障、硝子体手術を受けたが調子が悪いとのことで当院受診。下方に水晶体核認め、眼内炎症強く残存硝子体による牽引が強く見られた。硝子体手術を行い残余水晶体も摘出した。視力も向上し患者も満足した。
10代の網膜剥離の患者さんです。最小限の侵襲の手術により網膜復位を得ました。
関東北部地方の患者さんで上方の網膜剥離です。基本的な疾患で硝子体茎離断術でBIOMを使用すれば非常にスピーディーに復位が可能でした。
変視症のため来院。黄斑上膜による偽黄斑円孔あり硝子体手術行いました。変視症改善し視力も向上しました。
視力低下のため受診。一般的な糖尿病網膜症による黄斑浮腫のための視力低下でした。硝子体茎離断術行い、内境界膜剥離しました。現在浮腫は改善傾向にあります。
遷延する硝子体出血のため受診されました。硝子体茎離断術を行いましたが、やはり眼底に糖尿病網膜症がありました。
九州地方より網膜剥離のため受診されました。Demarcation lineありholeからの古い剥離のようでしたので網膜復位術により復位得ました。
視野欠損にて総合病院から当院受診。シンプルな網膜剥離のため網膜復位術にて良好に復位しました。
アトピーによる網膜剥離の患者が東京の眼科病院より受診されました。すでに白内障の手術は受けておられ、網膜復位術を行いました。良好な結果を得ることができました。
70歳代の方です。関東の大学病院から当院に受診しました。硝子体出血を繰り返してきたとのことです。白内障もあったためトリプル手術で行いました。手術により黄斑形態がかなり良好に回復しました。
四国の大学病院より当院に受診されました。黄斑上膜を認めたため硝子体茎離断術(網膜付着組織を含むもの)を行いました。経過はとても順調です。
神奈川県内の50歳代の患者さんです。眼科受診は初めてとのことでした。黄斑上膜が強く変視症も強かったのでmembrane peeling行いました。有水晶体で視力が0.2から1.0まで回復し患者さんも満足しています。
糖尿病黄斑症あるため硝子体手術とともにILM剥離行いました。糖尿病内科専門医と連携しコントロールを行っています。
東京の患者様で視野欠損にて受診されました。非常に限局性の剥離であり網膜復位術を行いました。経過は良好です。
関東北部で白内障手術後視力低下で当院受診されました。黄斑上膜とともに糖尿病による黄斑浮腫認めたため硝子体茎離断術にてERM ILM peeling行いました。経過は良好です。
後部硝子体剥離があるシンプルな網膜剥離です。硝子体茎離断術によって復位を得ました。
見づらいとのことで来院。両眼に硝子体出血認め患者の希望が強かったため手術を行いました。やはりベースには糖尿病網膜症がありました。
眼軸が29ミリの黄斑円孔網膜剥離の患者様です。硝子体茎離断術行いILM剥離し復位を得ました。経過良好です。
硝子体出血の患者さんは非常に数が多いです。硝子体茎離断術行いましたがこの方はBRVOがベースにありました。黄斑機能は問題ありませんでした。
糖尿病黄斑浮腫の患者さんです。硝子体茎離断術行いILM剥離しました。もちろん外来では不可能な周辺部にレーザーを施行しています。手術後早期の現在でも浮腫は改善傾向ですが今後長い経過観察が今後必要です。
この方も糖尿病網膜症の視力低下で来院されました。浮腫を改善させるため硝子体手術とILM剥離行いました。
糖尿病網膜症による黄斑浮腫の患者さんです。患者さんの手術希望が強かったので硝子体手術を行いILM剥離を行いました。経過も順調です。
硝子体出血の患者様です。やはり眼底には糖尿病網膜症がありました。糖尿病は早期診断、早期治療が大切です。
限局性の黄斑上膜のため縦線の歪みが強く手術希望で来院。白内障も認めた。まず硝子体手術行い、IOLマスターのデータが安定し歪みも改善したので多焦点眼内レンズによる白内障手術を行った。患者は大変満足している。
視力低下にて来院されました。近医にてレーザー治療をされていたようですが糖尿病網膜症による黄斑浮腫を認めました。剥離は認めませんでしたので内境界膜剥離を行い、軽度増殖膜変化も硝子体手術により切除しました。
強度近視の硝子体黄斑牽引症候群の黄斑円孔網膜剥離です。白内障硝子体同時手術を行いました。
黄斑上膜の程度に比べ変視症が強くありました。早期手術で良好な成績が出ました。
黄斑上膜による偽黄斑円孔の患者様です。変視症が強くあり、硝子体手術で良好な成績が出ました。
このページの先頭へ